タイトル

時間割番号: 3301080001
解析学への招待
 
担当教員
村松 千左子[Chisako Muramatsu]
開講学部等 教養教育 対象年次   単位数 2
開講時期 春学期 開講曜時 水2 クラス 【彦根】(SC)
ナンバリング GEBC03004
授業形態 【対】ハイブリッド授業(対面+オンデマンド)
授業の目的と概要  
本講義では、微分、積分の基本的な性質やその応用を身につけることを目的とし、1変数関数の微分、積分について、様々な応用場面を例に紹介しながら、演習を交えて、基本的スキルを身につけていく。

【講義形態】
本講義はハイブリッド(対面+同時双方向)形式です.
初回のURL
https://us02web.zoom.us/j/84591854331?pwd=SUdONWx2SVd6QmN6ZlZkZHRqcUZ5dz09
ミーティングID: 845 9185 4331
パスコード: 440927
 
授業の到達目標  
1. 様々な数学の基礎を身につける
2. 微分の概念を理解し、極値問題等へ応用できる
3. 積分の概念を理解し、面積等の計算方法を理解する
 
授業計画  
1. イントロダクション
2. 数列の極限、級数
3. 関数の極限
4. 微分の定義
5. 合成関数の微分、積の微分、逆関数の微分
6. ロピタルの定理、高階微分
7. 微分の応用(ニュートン法、テイラー展開)
8. 中間試験(予定)
9. 原始関数
10. 定積分と不定積分
11. 置換積分・部分積分
12. 様々な関数の積分
13. 広義積分
14. 積分の応用
15. まとめ
 
事前学習・事後学習など授業時間外の学習  
・数IIIを未習の人は高校数学の数IIIの教科書を読んでおく.
・講義内容を復習し理解する.
・次回の講義内容の予習.
・演習問題を解き,次回までに提出する.
 
成績評価の方法  
微分・積分の各種計算、手法の理解度を総合的に評価する。
具体的には、
①各回の演習問題の提出状況(40%)
②到達度確認テスト(30%)
③最終確認テスト(30%)
として成績をつける。
 
成績評価の基準  
微分・積分の概念を理解し、基本的な計算が実際にできるかどうかを評価する。
 
教科書  
 
参考書  
教材に関する補足情報  
テキストはsulmsにて配布します.
 
参考文献一覧  
 
履修上の注意事項  
 
キーワード(「実務経験のある教員による授業科目」は「実務経験」で検索)  
 
備考(実務経験の内容と授業との関連を含む)  
 
参照ホームページ  
 
教員からの一言  
 
オフィスアワー  
 
連絡先(研究室他)  
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
 
ホームページ  
 
備考(教員情報)  
 
↑ページの先頭へ戻る