タイトル

時間割番号: 1326007000
情報システム論
 
担当教員
右田 正夫[Masao Migita]
開講学部等 教育学部 対象年次 2~ 単位数 2
開講時期 秋学期 開講曜時 集中8 クラス  
ナンバリング EDDP23026
授業形態 対面授業
授業の目的と概要  
この科目は、様々な情報システムを概観し、ソフトウェアの開発に関する基礎的な知識を得ることを目的としています。
ソフトウェア開発に関しては、特定のプログラミング言語の文法ではなく、多くのプログラミング言語において共通する事柄の学習を重点的に解説します。この際、変数、ステートメントと演算子といったプログラムの「部品」のから、関数、データ構造、アルゴリズムなど、プログラムの「大枠」へと段階的な知識の積み上げができるように留意します。また、附属小中学校の児童・生徒を対象に行なったプログラミングの授業実践の内容も紹介します。
授業は原則として対面で行います。オンラインの場合はTeamsとSULMSを利用します。
 
授業の到達目標  
コンピュータ・プログラムに関する基本的な概念、及び、データやコードの複雑性を管理する方法を理解し、擬似コード、LOGO、VisualBasicなどによるプログラミングにおいて実践できるようにする。
 
授業計画  
1. 情報システムとは何か
2. 情報システムとビッグデータ
3. コンピュータのハードウェア
4. ソフトウェア(OSとアプリケーション)
5. ソフトウェア開発環境
6. コンピュータ言語
7. LOGOによるプログラミング
8. プログラム・コード
9.変数とデータ表現
10. ループ処理
11. 分岐処理
12. 関数
13.Visual Basicによるプログラミング
14.例外処理
15.まとめ
 
事前学習・事後学習など授業時間外の学習  
目安として事前学習2時間、事後学習2時間
 
成績評価の方法  
授業時の取り組み状況と提出課題によって評価します。前者を60%、後者を40%の割合で評価します。
 
成績評価の基準  
到達目標を達成したら60点の評価を与えます。さらに、達成の内容によって加点し、より上位の評価を与えます。
秀:到達目標を達成し、極めて優秀な成績を修めている。
優:到達目標を達成し、優秀な成績を修めている。
良:到達目標を達成し、良好な成績を修めている。
可:到達目標を達成している。
不可:到達目標を達成していない。
 
教科書  
 
参考書  
参考書1 ISBN 4624400437
書名 マインドストーム : 子供、コンピューター、そして強力なアイデア
著者名 シーモア・パパート 著,奥村貴世子 訳,Papert, Seymour,奥村, 貴世子, 出版社 未来社 出版年 1995
参考書2 ISBN 4883373347
書名 コンピュータ・プログラムのしくみ : イラストで理解する、プログラミングの基本的な考え方
著者名 ダニエル・アップルマン 著,矢沢久雄 監修,小林敦子 訳,Appleman, Daniel,矢沢, 久雄, 1961-,小林, 敦子, 出版社 ソシム 出版年 2003
参考書3 ISBN 4000076930
書名 ソフトウェア工学
著者名 有沢誠著,有澤, 誠, 出版社 岩波書店 出版年 1988
参考書4 ISBN 4407309571
書名 最新情報システムの開発
著者名 伏見正則ほか著,伏見, 正則, 出版社 実教出版 出版年 2006
参考書5 ISBN 4797329734
書名 プログラマの数学
著者名 結城浩著,結城, 浩, 出版社 ソフトバンクパブリッシング 出版年 2005
教材に関する補足情報  
 
参考文献一覧  
上記の参考図書の他、高等学校の「情報の科学」の教科書を参考にしてください。
 
履修上の注意事項  
 
キーワード(「実務経験のある教員による授業科目」は「実務経験」で検索)  
 
備考(実務経験の内容と授業との関連を含む)  
 
参照ホームページ  
 
教員からの一言  
 
オフィスアワー  
 
連絡先(研究室他)  
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
 
ホームページ  
 
備考(教員情報)  
 
↑ページの先頭へ戻る