タイトル

時間割番号: 1312137000
数式処理論
 
担当教員
鈴木 宏昌[Hiromasa Suzuki]
開講学部等 教育学部 対象年次 2~ 単位数 2
開講時期 秋学期 開講曜時 水5 クラス  
ナンバリング EDDK22029
授業形態 対面授業
授業の目的と概要  
 微積分や線形代数の高等学校程度の知識を前提として、数式処理システムの使い方を修得し、プログラムを作成することができるようになることが目的です。数式処理システムは、電卓のように数値の加減乗除を行うだけでなく、文字を含む数式の加減乗除や微積分などの処理が可能な数式処理言語を備えています。授業ではまず,数式処理システムの基本機能とそのプログラミング文法の基礎について説明します。続いて受講生自らが数学の問題を数式処理システムで解く、プログラミングを行うといった演習に取り組みます。
 この授業は対面授業です。第1回授業(10月5日)は第28講義室に集まってください。また,情報演習室でパソコンを用いた演習を行うためには,学生証が必要です。資料配布・課題提出には滋賀大学・学習管理システム(SULMS)を用います。
 対面授業が中止になった場合には,Teamsを用いて授業を行います。
 
授業の到達目標  
(1)数式処理システムの基本的な命令を利用することができるようになる。
(2)数式処理システムをプログラミング言語として利用してプログラムを作成することができるようになる。
(3)(発展的目標)与えられた課題を数式処理システムを利用して解決することができるようになる。
 
授業計画  
1. はじめに : 数式処理システムとは,Maximaの概要と使い方
2. 式の計算:高校数学Iの内容を例として
3. 方程式の解法 (1):maximaの命令を利用する
4. 方程式の解法 (2):命令を作ってみる-二分法
5. 線形代数の初歩:ベクトルと行列の演算
6. 極限・微分・積分 : 微積分の初歩を題材にして
7. グラフの描画:さまざまなグラフの描画
8. プログラミング (1):条件判定と繰り返し
9. プログラミング (2):配列
10. プログラミング演習 (1):方程式の解法(二分法)
11. プログラミング演習 (2):方程式の解法(ニュートン法)
12. プログラミング演習 (3):逆正接関数と円周率
13. プログラミング演習 (4):積分の近似計算
14. プログラミング演習 (5):乱数の利用
15. まとめ
 
事前学習・事後学習など授業時間外の学習  
講義科目ですが、実際の授業はコンピュータを用いた演習が中心です。授業資料はSULMSで授業前に提示しますので,それに基づいて2時間程度の事前学習を行ってもらいます。授業後には、授業中に課されたプログラミング演習(事後学習)が必要です(2時間程度)。
 
成績評価の方法  
ほぼ毎回授業中に課す課題について提出を求めます。下記の評価基準に照らしてそれらを評価します。
 
成績評価の基準  
秀:到達目標(1)-(3)が十分に達成できた。
優:到達目標(1)-(3)が達成できた。
良:到達目標(1)-(2)が達成できた。
可:到達目標(1)-(2)がある程度達成できた。
不可:到達目標(1)-(3)がいずれも達成できていない。
 
教科書  
 
参考書  
参考書1 ISBN 4062575604
書名 はじめての数式処理ソフト : Maximaで楽しむ数式計算と物理グラフィック
著者名 竹内薫 著,竹内, 薫, 1960-, 出版社 講談社 出版年 2007
教材に関する補足情報  
授業中に資料を配布します。SULMSを用いた資料配布、課題提示、課題回収等も行います。
 
参考文献一覧  
インターネット上で検索すると,数式処理ソフトウェアに関する情報の入手が可能です。場合によっては利用するとよいでしょう。
 
履修上の注意事項  
教育学部規定第4章第17条(定期試験)にある試験を受ける資格(出席時数)に注意してください。
 
キーワード(「実務経験のある教員による授業科目」は「実務経験」で検索)  
数式処理 プログラミング
 
備考(実務経験の内容と授業との関連を含む)  
 
参照ホームページ  
 
教員からの一言  
 
オフィスアワー  
 
連絡先(研究室他)  
 
連絡先(電話番号)  
 
連絡先(メールアドレス)  
 
ホームページ  
 
備考(教員情報)  
 
↑ページの先頭へ戻る